お客様からのお問合せで多い質問で「赤帽車ってどれだけ積めるのですか?」という質問があります。

今回はほんの一例を画像を交えて紹介したいと思います。

ダンボールや小物などは自家用車で運ぶので大きな物だけ運んでください!

という依頼も多いのですが、今回はその例です(赤帽車1台1名 男性のお客様1名手伝いあり)。

 

荷物の内容は…

〇食卓テーブル2人用+椅子2脚

〇本棚 195×75×50

〇食器棚 90×60×45 2本

〇冷蔵庫(中型)

〇チェスト(引出し7段で2分割)

〇布団1組

〇衣装ケース3個

〇カラーボックス3段 2個

〇自転車 1台

〇アルミラック(分解)

〇折りたたみベット 1台

〇ロッカータンス 190×50×50(分解解体して引越し先で廃棄)

 

積込み途中の画像ですが、

運転席上部には椅子2個+布団1組+衣装ケース2個が入ってます。

荷台には奥から食器棚2個を重ねて、その横に本棚、その後ろにはチェスト2分割を重ねて乗せます。

この時点で荷物の隙間は無く荷物同士で押さえされます。

 

積込み作業完了の画像です。

冷蔵庫の上の空きスペースに折りたたみベットを乗せるのがコツです。

意外折りたたみベットは足の部分でスペースを取ってしまうので他のものが乗せれなくなるのです。

もちろん、養生パットで梱包しているので冷蔵庫や家具に傷や損傷はありません。

自転車も立てて積込めばスペース的にも有効です。

 

自転車は荷台のアオリに外付けでバンドで縛って乗せる方法もありますが、赤帽ピジョンでは安全を考慮して

そのような輸送は行いません。

ご依頼の時に明らかに自転車が積めないと判断した時は赤帽2台口をおススメしております。

 

ご不明点などは、お気軽にお電話でお問合せください!

 

The following two tabs change content below.
赤井尚一
札幌市西区で引越し運送業『赤帽ピジョン』を営んでます 。 引っ越しで役立つ情報はもちろんのこと、各地を巡って見つけたグルメ情報や、趣味のフライフィッシングなど北海道の情報も発信していきます!